ようこそ!おっさんのお酒ブログへ

おっさんが暇つぶしに作ってみたお酒紹介ブログ(?)です。 どうぞごゆっくり!

  • Nullam posuere felis a lacus tempor eget dignissim arcu adipiscing.

  • Nullam posuere felis a lacus tempor eget dignissim arcu adipiscing.

獺祭 純米大吟醸

獺祭 純米大吟醸

山口県にある旭酒造が造る日本酒の銘柄。 ヨーロッパでもっとも権威ある食品コンクールとされるモンド・セレクションにおいて、最高金賞を受賞。 名実ともに世界に認められた日本酒。
Read More
神亀酒造 純米神亀 生酒

神亀酒造 純米神亀 生酒

甘く豊潤で、微かにさわやかさを与える適度な酸があります。 旨味にくどさがない。 ほのかに苦味が後味に加わり甘味と苦味のバランスが取れています。
Read More
カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ

カサーレ・ヴェッキオ・モンテプルチアーノ・ダブルッツオ

驚くほど凝縮されています。 エレガントなバニラの香り 。口に含むとなめらかで凝縮した味わいで、 ブルーベリーやフランボワーズ、オレンジなどのニュアンスが広がります。 程よい酸が心地よい余韻を作ります。
Read More
マッキノンズ・シラーズ

マッキノンズ・シラーズ

飲んだ瞬間、はじけんばかりのアルコールのボリューム感が 口全体に広がり、完熟したフルーツを思わせる甘みと 甘酸っぱいさくらんぼのような酸味が見事にとけあう。
Read More

食事の際のワイン

ワインの産地と料理について、僕はスパークリングワインを飲むようになる以前は、

ワインの産地とお料理は合わせるべきという自分なりの考えがありました。

 

だから、フランスワインにはフランス産のチーズといいった感じで、

できるだけ合わせて楽しんでいました。

 

 

でも、イタリア産のスパークリングワインやプロセッコを飲むようになってから、

そのようなこだわりがなくなりました。

もちろん、シャンパンをいただくとなれば、お料理の選択にはこだわりを持ちます。

 

 

でも、ホームパーティとか家族の集まりの際には、そのようなこだわりは捨てています。

ただ、皆で気取らずにお料理とワインと会話を皆に楽しんででもらえるように

気配りをするだけです。本来、ワインは会話の潤滑油としての役割がありますから。

お料理は?

 

スパークリングワインと合う料理は、どんなものか?という疑問がある。

 

スパークリングワインの場合は、どんなお料理でも合うというのが僕の意見です。

 

シャンパンだと、シャンパンを楽しみたいといいう気持ちが強いので

比較的あっさりとしたお料理を選びます。

 

スパークリングワインだと、個性の強いお料理でも美味しくいただけます。

和風の鍋料理でも合うだろうし、大人数でワイワイガヤガヤと楽しめると思います。

 

また、トマトソースをベースにしたイタリア料理でも合います。

 

 

僕は、イタリア料理でも赤ワインよりもプロセッコを好んでいただいています。

 

プロセッコだと、食前酒としてでも全ての場に気取らずにお料理と共に楽しめます。

スパークリングワイン、プロセッコ、皆さんに楽しんでもらいたいです。

 

 

プロセッコが売れている

イタリアのスパークリングワインの歴史に関しては、

あまり具体的なことは分からなかった。

 

だが、最近イギリスでもプロセッコが人気があることを知った。

 

その理由は、僕も同感の以下のものだった。

プロセッコが比較的スパークリングワインの初心者にとって飲みやすいものである。

 

プロセッコの味が、非常にフルーティなものである。

シャンパンと比べて、経済的な価格で手に入る。

美味しいし、比較的安価といえば、人気が出るのは当然のことですよね。

 

安物のシャンパンよりも、うんとプロセッコの方が美味しい!

しかし、なぜか日本ではあまり人気がないような感じがする。

 

なぜだろうか?

 

やはり、不味くても安物のシャンパンの方を選ぶ人が多いのだろうか?

 

 

なぜ、プロセッコが美味しいの?

僕は、どうも赤ワインがあまり好きではありません。

 

なぜかは分かりませんが、赤ワインを頂いても美味しいとは感じないんです。

 

なんとなく、あの渋みが好きではない。

 

その点、プロセッコは、スッキリとした味わいながらも

しっかりとそのワインの味というものを持っている。

 

しばらく、僕のプロセッコ熱は冷めないと思う。

 

こんなに美味しいワインを飲めるイタリアの人々をうらやましく思う。

 

僕の思い込みかもしれないが、フランスのスパークリングが美味しいのは

フランスワインの持つ伝統と歴史からは当然のことと思える。

 

が、イタリアのスパークリングワイン、プロセッコがこんなに美味なのはどうしてだろうか?

 

 

僕は、この理由をつきつめたくなった。

プロセッコ

今一番のお気に入りは、イタリアのスパークリングワインのプロセッコです。

 

プロセッコは、イタリアヴェネット州産のブドウを使った発泡酒のことです。

僕がプロセッコを気に入ったのは、飲みやすさとスッキリ感にあります。

イタリアのスパークリングがこんなに美味しいものだとは思っていなかった。

 

シャンパンを飲む際には少し構えた感じで頂きます。

が、プロセッコの場合は気楽にお酒と料理を楽しめます。

庶民的なシャンパンと、僕は思っています。

 

シャンパンとトマトソーススパゲッティは合いませんが、プロセッコはとても合いますよ。

 

家族でワイワイと騒ぎながら、食事と共にプロセッコを楽しむ。

やはり、イタリア料理にはイタリア産のワインやスパークリングが合うのかもしれません。

 

イタリアスパークリングワイン

 

最近、イタリアのスパークリングワインを好んで飲んでいます。

 

以前は、スパークリングワインもフランス産のものを飲んでいました。

ところが、先日イタリア料理店で赤ワインではなく

スパークリングワインを飲みたい旨をお店の方にお話ししたところ、

イタリアのスパークリングワインをすすめられました。

 

 

初めて、イタリアのスパークリングワインをいただいたのです。

味は期待していなかったのですが、いただいて驚きました。

 

 

こんなにイタリアのスパークリングワインが美味しいとは思っていなかった。

 

それ以降、フランス産のスパークリングワインではなく

イタリア産のスパークリングワインを好んで飲むようになりました。

その味は、すっきりとした味でありながらもしっかりと自己主張のあるものです。

 

シャンパンの飲み頃の温度は?

シャンパンを飲むのに適温は、4~7度前後位だそうです。

シャンパンボトルの首まで氷水につけた状態で20分位で、飲むのに適した温度になります。

 

温度が高くなるほどに、炭酸は抜けていきますので、

クーラーボックスで冷やしながら飲む方が良いです。

 

適温も、人それぞれです。

 

まろやかさが好きな場合はやや温度が高めの方がいいでしょうし、

のどごしを重視するのであれば低い温度の方が良いですよね。

 

 

僕は、よく冷えたシャンパンの方が好きなんです。

キンキンに冷えたシャンパンを口に含んだ時、

香りが口いっぱいに広がりスッキリとした気分になります。

 

これが、ワインとは異なる点なんですよね。

 

甘味を感じますが、すっきりとした甘味で後を引かない。

僕は、これがシャンパンの特徴だと思っています。

では、シャンパンに合う料理は?

 

シャンパンの歴史的背景とかグラスとかの話題が続きました。

 

シャンパンを美味しく飲むためには、どんな料理を準備するべきかという疑問があります。

僕は、シャンパンには肉系のデミグラスソースのかかったものよりも

魚介類のお料理で頂くのが好きです。

 

さらには、グラタンなどのクリームソース系のもとも合うと思います。僕は、主に魚介類でアペタイザー的なものを準備しています。

チーズだと、クリームチーズ系のものを選びブルーチーズとゴルゴンゾーラなどの癖の強いものは避けるようにしています。

 

癖の強い料理だと、シャンパンの味と香りがなくなってしまうように感じます。

折角だか、シャンパンを楽しみたい。

 

シャンパンをいただく時は、主役はシャンパンですから。

 

 

シャンパングラスは?

やはり、シャンパンは、繊細な感じのするシャンパングラスでいただきたいものです。どんなグラスがシャンパンに合うのかを調べてみました。

シャンパングラスは、シャンパンの泡を崩さないように出来るだけシャンパンが空気にふれる面積を小さくしたものが良いとされることから細長いグラスになっているとのことです。さらに、この形は、泡だけでなく香りと味をも長持ちさせるように形作られているそうですよ。

やはり、デザインのためではなくそれなりの理由があるんですね。

グラスの持ち方も、日本では足を持つ方が圧倒的ですが、ヨーロッパではボール部分を持つ方が多いとのことです。

僕なんかは、どちらでも持ちやすい方で良いと思っています。

お酒は、楽しく飲むのが一番美味しくいただく方法だと思いますよ。

現在、ヨーロッパでは、どのような時にシャンパンを飲みの?

シャンパンが祝いの席に飲まれるようになった経緯は分かりました。

 

では、現在のヨーロッパでは、どのような席、機会にシャンパンが飲まれるのかが知りたくなりました。

日本のようにお祝い、記念日とか格式ばった時に飲むのではなく、いつでも飲みたい時に飲むという説があります。

日本では、クリスマスにはシャンパンをよく飲みますが、ヨーロッパでは赤ワインを飲むとのことです。さらに、シャンパンの本場のフランスでは、お葬式後の食事の際にシャンパンが開けられるとのこと。

たしか、映画で、このようなシーンがあった記憶があります。

だから、シャンパンは、日本のようなおめでたい席限定ではないみたいです。

より、生活に密着した形で飲まれている様子です。